1/1

日本は世界の縮図

 

製作:2014年

 

技法:細いガラス棒を曲げて溶着を永遠に繰り返し形作るレース編み細工

 

大きさ:作品全体の平面 700mm × 600mm

 

 

展示法として:

日本地図をバラバラにして世界地図を表現しました

透明なパネルの上に世界地図を反転した状態に並べ

一見何だか分からないものが

下から照明を当て壁に影を移すことで

世界地図が影として始めて認識されるように考えました

 

 

作品の説明:

四国がオーストラリア九州がアフリカに似ているなんて

誰もが感じたことがあると思う

神話の世界には 日本は世界の縮図 という言葉がある

日本地図を世界地図に重ねてみると

伊豆半島はインドと重なり

富士山はエベレスト

琵琶湖はカスピ海

歴史上の出来事など

不思議なくらい重なることがあるようだ

 

子供のころ

床やテーブルに置いた牛乳瓶の紙のフタ(キャッポン)を

吹いてひっくり返す遊びがあった

家には大きな日本地図のポスターがあって

その全体が世界だと勘違いしつつ

脳内でパズルの様に陸地同士をはめ込んでくっつけたり

淡路島をキャッポンの様にひっくり返したら

琵琶湖にハマるんじゃないかとか妄想していた

時が経ち妄想はあっさりと否定されたが

既に実在する答えを理解するのではなく

自らの答えを考えることに拘る頑固な自分は

その大切さと楽しさを直感的に知っていたのだと想う

 

生命の力強さと、やがて消えゆく儚さを

泡や細胞や粘菌に形容したガラスで表現しました

 

透明なガラスにも影があるように

在るようで無い

無いようで在る

大切なものを忘れないでいたいと願いとメッセージを込めました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now